外構デザインのスタイル

オープンスタイル

欧米などでは一般的な外構スタイルで、敷地と道路の境界を、門・塀・フェンスなどで仕切らずに、植栽や門柱などでソフトにカバー。日当たりもよく、明るく開放的で、住む人にものびのびしたイメージを与えます。ただし、防犯性やプライベートの確保など工夫と注意が必要です。
オープンスタイルの施工事例はこちらをご覧ください。

セミオープンスタイル

駐車スペースを除いて、門柱や門扉、フェンスなどで軽く仕切るスタイルをセミオープンスタイルと言います。オープンとクローズの特徴を合わせ持っています。プライベート空間は塀などでしっかり囲い、外からの目線を遮ります。車庫や門廻りには重圧感のない、オープンなイメージを保つことができ、和風にも洋風にも合わせやすい人気の高いスタイルです。
セミオープンスタイルの施工事例はこちらをご覧ください。

クローズスタイル

門柱、門扉、塀や生垣などで敷地の周りをすべて囲うってしまうスタイルが、クローズ外構です。お庭でバーベキューやゆったりくつろぎの時間を他人の目を気にせずに自由に楽しめます。防犯や安全対策もしやすいエクステリアです。しかし訪れる人に圧迫感を与える要素があるので、植栽を取り入れたり、リズム感のあるデザインを取り入れるなどすると良いでしょう。
クローズスタイルの施工事例はこちらをご覧ください。

ガーデン・リフォーム

お庭をより快適に有効利用していただくためのアイデアをつめ込んだ施工例と、お庭や門廻りのリフォーム例をご紹介します。
ガーデン・リフォームの施工事例はこちらをご覧ください。

kE⍇


エクステリア 外構工事はケイエムティエンジニアリング